言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~ というブログの目次専用ページです

プロフィール

kuwatea

Author:kuwatea
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



発想法・編集法の目次 その2

発想法・編集法の目次 その2

各記事タイトルの文字をタップするとリンクページにつながります

疲れて考える気力のない時に、ふと沸き立つように一句がひらめいたきっかけは天気図を思い出したこと・・・・潜在的な蓄積がその時しかわきたたないひらめきをもたらし、それを記録すること

神戸三宮のベンチにて、振り向いて霧立ちのぼる六甲山を見て一首閃き、心が動く・・・閃きというのはこれまでの積み重ねと何気ない行為から生まれたりすることがあ

1年越しの一首のリレー・・・4月13日、1年前と同じ場所で同じ日の同じ時間帯に、一首を思いつく

戻り梅雨のような雨が上がりの雫きらめく朝顔の花を見て、寂蓮法師(じゃくれんほうし)の一首をヒントに、一首を考えた

令和5年(2023年)9月24日の記事
やっと秋らしい気候になっ彼岸の中日に、西宮ガーデンズプラス館の増築館新規開業のマクドナルドで月見バーガーを食べて、一首思いつく

特異な変化と蓄積された記憶の蘇生が想像を活性化させる・・・・西宮ガーデンズプラス館の増築館新規開業のマクドナルドで月見バーガーを食べて、一首思いたことから思ったこと

そばめしは、神戸市長田区発祥、さて、そばめし誕生の経緯は・・・冷たいご飯も温かくして食べたい、鉄板で温めよう・・・

子供の視野の柔軟性と広さ・・・西宮ガーデンズの出入り口が混みモタモタ歩いていると、左に、子供がすっと走っていくのが見え・・

船出の見送りの紙テープを投げる習慣は、売れ残り商品の活用から始まった

知人の長男の6歳園児に独創性の芽・・・・学校の成績に一喜一憂しないで、彼の独創性を育んで欲しいなあ

時空を超え、日本と海外の間の文化遺伝子(ミーム)を往還させる歌舞伎・・・アメリカのロックバンド「KISS」とダースベーダー

届け先の分からない手紙を受け付ける「漂流郵便局」を作った現代美術家の発想プロセス・・・まず、岸辺の漂流物を見て、次に郵便局を見て

伝統陶芸の色鍋島の第十四代今泉今右衛門さんは、武蔵野美術大学学生時代の現代アートの感覚と雪の夜に感動した経験をもとに伝統に新しさがもたらされ活性化させている

ある女性が絵を描くのが楽しい理由・・・自分の思い、自分が感じたままを表現できること

温故知新の新開発・・・英国で1000年前の目薬からすごい医療効果を発見、大阪で、文楽人形の動きを活用したロボット開発

歩くということ、動くということで、思っていたり考えたりすることが変わってしまうことがある

身体を動かすことでそれまでの脳内の記憶の蓄積から引き出されて、何かの発想が出てきたり、やることを変えたりする場合がある

大阪都構想住民投票を呼びかけるトイレットペーパー広告・・・トイレットペーパーの使用頻度が高い使い捨てという特性が広告に適しているかもしれない

「ポケモン」と「メンコ遊び」と「昆虫採集」、ポケモンのルーツは昆虫採集にあり!・・・子供のころの遊びの性質を言語化することで、新しいアイデアのヒントになるかもしれない

同じ鉢に菊花とハロウインのお化けかぼちゃ・・・さんちか入り口の階段の秋を彩る和洋折衷

卒業式の定番曲「蛍の光」は、和洋中折衷の歌である。

もし私が公立高校の校長なら、服装・頭髪・化粧は一切自由ににて、生徒や親御さんに対してメイクアップやファッション講習を行いファッションセンスの良い学校を目指す・・・こどもの日に「子どもの権利条約」の表現の自由から思ったこと

たんごむしはどうして汗をかかないの?・・・子供の不思議さを感じる力の素晴らしさを夏休み子ども科学電話相談を聴いて思う

「虹は誰が描いているの?」・・・・冬休み子ども科学電話相談にて3歳の女の子の自然現象の原因を擬人化する問いかけに昔の神話などに通じるものを感じた

子どもの無知ゆえの素朴な感受性の豊かさの新鮮さと素晴らしさ・・・3歳児は電車が地上から地下に入り「急に夜になった」と驚き、電車が土の下に入ったと教えてもい、その3歳児は何と言ったでしょう?

子どもは時代の変化に敏感だな! 車の運転ごっこをする幼い姉妹・・・運転役は何と言ったか? これからの自動車の技術革新を先読み

「あっ!電車が大勢いる!」と4歳くらいの女の子の表現の柔軟性・・・早朝の電車にて、仲睦まじい家族4名の光景より

スマホを言い換えると・・・ある女子高生のふるまいから・・・言い換えることが新たな発想を生み出す

もし、昭和天皇が第2次大戦終戦後数年内に退位されていたら、「平成」ではなく別元号名になっていて、別元号名の67~75年で終えることになっていたかもしれない

京都市にて、「右折禁止ツアー」という不便なルールがもたらす発見による感動・・・「不便だからこそ得られるもの」という不便益

共通項があれば、それを応用して活かせる・・・・子供をあきらめ犬を育てていたら、その経験が

「さ」を発音できない息子が「たなばたさま」を歌うと・・・・いつもなじみのある表現の表音の文字を一つ変えるだけで

私が住む兵庫県で、最大の島と言えば・・・・日本領土に住む日本国民は「島民」である。

就寝中の夢は時々、自分たちが思いつかない編集をしてくれて物語や場面を展開してくれるのである・・・・夢は実際にあったこととそうでないことが織り交ぜながら編集され、夢の場面となったりする。

いつもと違う動きをすることで、身近なところにあるものを新たに気づくことができる

今年の元日に、JR甲子園口駅の南側の商店街にて、ディープで怪しさを感じつつ惹きつけられる建物を見つけた

ちょっと試しにやってみよう・・・試しにやってみることで、他人にって既知のことでも、自分にとっての新発見がもたらされることがある

日々のできごとを記録にとどめることが、10年後以上先の未来のできごとから過去を振り返るため記録になっていくのである

いつもあるものがないことで、違った選択肢を増える・・・月3~4回通う西宮ガーデンズの丸福珈琲店でいつも頼むものが品切れでなくて・・

ポケットに入るような小道具を持っていることは予想外の出来事による別の選択肢の行動を快適にしたり、新たな方法に気付いたりする

何かのきっかけで長らく足を運ばない場所に足を運ぶことで変化や違いに気づき社会背景を認識する機会となる

忘れてしまっていた自分自身がかつて発していた情報を外部の誰かが、同じ内容を発することで改めて想起できる機会となる・・・・チコチャンに叱られる(令和6年2月16日放送)で、3つ問題のうち2問が、かつて私がブログ記事に書いていた内容を同じ内容であった

令和6年(2024年)3月13日の記事
「皆すぐに忘れますよ」・・「相棒」season22最終回の最後場面の右京さんのセリフから、見聞きを終えたあと振り返ったり内省したりして記憶に残す努力をしないと

令和6年(2024年)5月11日の記事
ひのきろうず・・・西宮ガーデンズ内にあるイズミヤの2階を歩いていると大きな花が目に入り・・・捨てられていた廃棄物に手を加えることで人々の心潤す価値あるものにする
スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する